HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  高齢者の住宅事情(3)

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

高齢者の住宅事情(3)

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月 ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

第7弾の今回は、高齢者住宅についてです。

高齢者の住宅事情(3)




 

前回のレポートで、主にスウェーデンにおける高齢者の住宅事情についてご紹介しました。
今回はその他にどういった住宅関連のサービスが可能であるかをレポートします。

高齢者専用住居とは

前回のレポートで、高齢者の『特別住宅』について述べた。
この『特別住宅』というのは、日本の『老人ホーム』のようなもので、

さまざまなサービスと共に特別なサポートが必要な
高齢者への特別介護などを行っている。

それに対して、『高齢者専用住居』というものも存在する。
これは、通常のマンションであるが、様々な面で高齢者の居住や生活に適するように設計されているものである。例えば、浴室のスペースがゆったりとしていて使いやすい、エレベーターの形状が、体の動きがスムーズでない高齢者にも利用しやすいものである(段差がない、扉が開けやすいなど)ということだ。

具体的に、『高齢者専用住居』というのは、ある一定の年齢(通常は55歳)以上の人のための『普通の』(老人ホームのようなサービスはない)マンションである。

一部の高齢者専用住居では、『共同ルーム』というものが設置されており、
そこで住民たちによる共同活動(例えばダンスパーティーや談話会など)が行われる。

また、共同キッチンや共同ダイニングルームなどもあり、料理教室が行われたり、集会に使われたりする。通常、そういった共同ルームや集会所の使用料金は、賃貸料に含まれている。または、例えば市町村や住宅管理会社が負担したりする例もある。


 

070316-1.JPG 
*ゆったりとしたつくりの内装。車椅子でも動き回りやすい。

 

高齢者専用住居に住む権利

前回レポートの『特別住宅』に住む権利は、通常の賃貸契約のほかに、
国が定める福祉サービス法によって定められた特定の補助必要性認可というものが必要であった。
しかし、この『高齢者専用住居』に住む権利というのは、あくまでも通常の賃貸物件と同じような仕組みである。
高齢者専用住居は通常の不動産市場に出回っている。

そこに住みたいと希望する場合は、自分で住宅管理会社の入居リストに名前を登録するか(賃貸を希望する場合)、または住居権利を購入する。

スウェーデンにおいて、初期の高齢者専用住居というのは、ある特別な一軒家の住居権利を購入する方法しかなかった。
それが、のちには市町村や、市町村の運営する住宅管理会社の協力により、
通常の賃貸マンションを高齢者に適するように改装するという方法がとられるようになった。

高齢者専用住居というのは、一軒家での生活に支障が出てきたり、古くて小さいマンションでの生活が不自由になってきたりする高齢者のための住居選択肢の一つである。

現時点において、高齢者専用住居の需要はさほど大きくはないが、現在一軒家で生活している高齢者の多くが引っ越したいと思い始めるときには、そういった住居の需要はもっと高くなると考えられている。


 070316-2.JPG

*一軒家とマンションの中間の『長屋』タイプの住居。小さな庭などもあり、
ガーデニングも楽しむことができる。これも、基本的には『マンション』の
くくりの中で考えられている。一軒家に住み慣れた高齢者に人気がある。




                             ・・・・続きは、次回更新をお楽しみに!

ページTOPへ