HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  スウェーデンの『自宅訪問』

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

スウェーデンの『自宅訪問』

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

前回は福祉システムとして日本と同じく,高齢化が進んできているスウェーデンの福祉システムについてご紹介いたしました。今回は『自宅訪問』編として、『自宅訪問』(第1弾のレポートをより詳細にしています)の効率と効果についてご紹介致します。

『自宅訪問』の効率と効果

スウェーデンでは、特別住宅やケアホームなどに入ったり、子供夫婦と同居をせずに、一人またはパートナーと二人で自宅で生活を続ける高齢者が少なくない。そんな高齢者のためにいくつかのサービスが用意されている。その代表例として挙げられるものに、『自宅訪問サービス』(Hemtjanst)や『自宅医療サービス』(Hemsjukvard)などがある。さらに、特に近年注目を集めているものに『自宅訪問』(Hembesok)というサービスがある。

『自宅訪問サービス』と『自宅医療サービス』

『自宅訪問サービス』(Hemtjanst)については、2007年2月のシニアレポート(過去のシニアレポートの一覧http://www.dignitycharm.co.jp/senior_report/index.html)ですでに詳細にレポートしているが、このサービスは主に自宅で生活する高齢者が日々の生活をスムーズにより快適に行えるためのアシスタント的なサービスを提供するシステムだ。『生活アシスタント』と言い換えることもできるこのサービスの内容は、例えば買い物の付き添い、家の掃除、お風呂やトイレ、洗濯、食事の買い物や調理、外出などといった毎日の生活への手助けを提供するものである。

『自宅医療サービス』(Hemsjukvard)は、自宅で重病にかかっている高齢者たちのために、看護士や医者を派遣し診察・治療を行うものである。このサービスのおかげで高齢者達は自ら病院や医療センターに出向いたり、また救急科を利用することなく病気の治療ができるのである。
これらのサービスはどちらも地方自治体が管理しており、80%以上が地方政府の税収、その他の一部はスウェーデン中央政府の税収でまかなわれており、個人が負担するのは4%のみだ。

『自宅訪問』とは

さて、上記のサービスのほかに、近年注目を集めているものに『自宅訪問』(Hembesok)がある。これは上記のサービスを受けることなく自宅で生活を続けている高齢者のためのサービスだ。対象年齢は各自治体が独自に設定しており異なるが、このサービスを提供する151の自治体(2006年)のうちの半分以上の自治体は対象年齢を80歳以上、4分の1は75歳以上としている。
このサービスでは看護士や補助管理者が高齢者の自宅を年に2回の頻度で訪問し、高齢者の住む環境に転倒などによるケガやその他大病を引き起こす原因となる危険が潜んでいないかを確認する。また以下のポイントについての情報を提供する。
・効果的な身体活動
・社会活動(その地域で参加可能な具体的な活動の情報)
・転倒防止の方法
・栄養
・高齢者に多い病気(例:糖尿病)
・利用可能な『自宅訪問サービス(Hemtjanst)』について
・高齢者のための特別住宅
・ヘルスケア情報と歯科医療サービス
・家の中での危険回避(例:火災警報器の設置、固定されていない絨毯を固定する等)

さらに、より一般的な情報や感情的なサポートは高齢者各個人の状況やニーズに合わせて推薦や提案が行われる。また、訪問を受ける各高齢者たちは自分自身の健康、生活能力、福祉や社会ネットワークなどについてのアンケートに答えるようになっている。この一般的な『自宅訪問』の結果、必要があると判断された高齢者にはさらに別途看護士や補助管理者が訪問を行う。
この『自宅訪問』の最大の目的は、専門的な知識を持つ看護士や補助管理者が高齢者の自宅を訪問することで、家の中に潜む危険をあらかじめ排除したり、高齢者が健康な生活を送るために必要な情報を与えることで、高齢者の生活の質を向上させ、さらに罹患率や病院利用率を減少させることにある。それにより、国は高齢者医療の費用を節約することができる。

ノードマーリング・プロジェクト(Nordmalingsprojektet)

ノードマーリングとはスウェーデン北部に位置するウメオ市とオーンショルドビーク市の中間にある自治体だ。ここで2000年から2001年の間に75歳以上の高齢者を対象とした『自宅訪問』の効果調査が行われた。ノードマーリング市は『スウェーデンの1000分の1』といわれており、自治体内の人口の年齢構成の割合などがスウェーデン全体の割合に類似しているといわれている。

この調査の目的は『自宅訪問』の効果や高齢者に及ぼす影響について確認することだ。調査には合計347名の高齢者が参加し、そのうちの196名が『自宅訪問』を受けた。その調査で、以下のような結果が確認できた。

1)不安を感じる経験について。しばしば、または常に不安を感じている高齢者の割合の変化と訪問回数の関係。
 10010801.JPG
X軸:訪問回数  Y軸:不安を感じる高齢者の割合 赤線:男性 青線:女性

2)痛みを感じる経験について。しばしば、または常に痛みを感じている高齢者の割合の変化と自宅訪問回数の関係。
 10010802.JPG
X軸:訪問回数 Y軸:痛みを感じる高齢者の割合 赤線:男性 青線:女性

これにより、『自宅訪問』の回数が増えるごとに不安や痛みを感じる高齢者の割合が減少していくことがわかる。

3)インフルエンザワクチン接種の割合(2000年1月から12月)。
 10010803.JPG
2000年の間にインフルエンザワクチンを接種した割合は、訪問を受けたグループが高くなっている。その差は女性の間でより顕著に見られる。

4)救急の病院訪問を経験した高齢者の割合(2001年10月から12月)。
 10010804.JPG
自宅訪問により、救急の病院訪問の割合は減少した。

これらの調査結果の一部からも『自宅訪問』を行うことで、高齢者の生活の質を向上させ、また高齢者ケアにかかる費用を長期的には減少させるということができる。

このノードマーリング・プロジェクトを行ったのは、ウメオ大学の国民健康科学研究所のクラス・ヨーラン・サーレン博士だ。サーレン博士は、この『自宅訪問』が十分な効果を発揮するためには、『自宅訪問』を行う人物が十分な専門知識を持っていることが重要であると語る。「彼らは医学と社会学の両面の教育を受けている必要があります。そうでないと、ある部分を見逃してしまう可能性があるからです。それが、長期的にみて効果を発揮する『自宅訪問』のための重要なキーポイントとなります。」

091201 zitakuhoumon.jpg
 高齢者を訪問するサーレン博士

サーレン博士によると『自宅訪問』のためのもう一つの重要なポイントは、高齢者たちに必要な知識を与えることにより、彼ら自身が問題を発見し自らプライマリーケアや社会サービス、歯科医療などに連絡を取ることができるようにすることだと言う。「高齢者の人々の多くは手遅れになるまで助けを求ません。
『自宅訪問』をすることで、手遅れ、または深刻な状況になる前に必要な対処をすることができ、それにより国にかかる医療費用を軽減し、また高齢者の生活の質を向上することができるのです。」

まとめ

シンプルでありながら、効果的なこの『自宅訪問』の手段は、「予防の国」といわれるスウェーデンらしい発想ではないだろうか。『自宅訪問』は高齢者医療の費用を軽減させ、高齢者たちがより豊かな生活を送ることができるための有効なサービスだ。
 

ページTOPへ