HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  スウェーデン紀行(4)スポーツ休暇編

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

スウェーデン紀行(4)スポーツ休暇編

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

今回は久しぶりに「スウェーデン紀行」をお送りしたいと思います。

 
ヨーロッパでの休暇と言えば、前回の「スウェーデン紀行」でお伝えした復活祭(イースター、スウェーデン語では「ポスク」)、夏のバケーションやクリスマス休暇などを思い浮かべる事と思います。しかし今の時期(2月中旬から3月上旬)、「スポーツ休暇」なるものがスウェーデンにあることをご存知でしょうか?今回のスウェーデン紀行ではこのスポーツ休暇についてご紹介したいと思います。
 

■ スポーツをするための休暇??

 
スウェーデンでは2月中旬から3月初めにかけて「スポーツ休暇(Sportlov)」と呼ばれる休暇があります。これは読んで字のごとく、スポーツをするための休暇です。
 
カレンダー上では平日なのですが、学校が1週間ほど休みになり、子どもたちは家族とともにスキーなどのウインタースポーツをすることが奨励されています。休みになる週は地域によって異なり、今年(2013年)の場合、例えば2月11日?17日はスウェーデン第二の都市ヨーテボリ市、ヨンショーピング県などが休みに、18日?24日はウプサラ県、スコーネ県などが、2月25日?3月3日はストックホルム県などの学校が休みになります。
 
スウェーデンのスポーツ休暇は「コークス休暇」にその起源を発します。冬の間学校のストーブの燃料(コークス)を節約することを目的として始まりました。その休暇中、有意義に過ごすための案として自然にウインタースポーツを楽しむようになり、それが習慣となって現在ではスポーツ休暇と呼ばれています。
 
この時期に休暇を取るのは12月末のクリスマス休暇から3月末から4月中旬の復活祭の休暇までの間に特に休日がないためということもあるかもしれません。同様に夏休みと冬休みの間に大きな休日がないため「秋休み」も存在します。こちらの起源は「じゃがいも休暇」で、じゃがいもの収穫を手伝うという名目で学校が休みになっていたようです。
 
0218 (1).JPG
 

■ スポーツ休暇の問題点

 
スポーツ休暇はあくまで子どもたちのためのものであり、カレンダー上は平日です。そのため会社などでは通常通り仕事が行われます。以前ですと「子供がスポーツ休暇なので会社を休みます」ということは簡単に出来ました。しかし海外の人と一緒に仕事をする(あるいは競争する)機会が多くなった今ではそう簡単に仕事を休めないという人も多いようです。
 
スウェーデンでは共働きの家庭が多いので必然的にスポーツ休暇中子供のを面倒を見たり、スポーツをしたり、旅行をするというのは親にとって負担になります。どうしても休めない場合は、親戚に子供を見てもらったり、子供がいるご近所どうし交代で仕事を休んで、お互いの子供をみるという事をしたりしています。
 
もう一つ、以前少しだけ問題になったのが、「フレキシブル休暇」です。先に書きましたように、このスポーツ休暇は自治体によって日にちが決められています。しかし、子供が違う自治体の学校に行っている家庭などでは同じ時期に休みをとることができません。そこで、「決められた3?4週間の間であれば好きな週に休んでいいよ」というフレキシブル休暇の導入を試みた自治体がありました。これですと親としても都合がいい週に休みやすくなります。しかし、学校側としては児童・生徒にバラバラに休まれると都合が悪く、また子供の側も出席できない授業が出てきたりと不都合なことが多く、定着しなかったようです。
 
0218_2.JPG

■おばあちゃんのスポーツ休暇

 
スポーツ休暇中の主なアクティビティはウインタースポーツですが、スポーツだけではなく、休暇を利用して家族で旅行に行ったり、日頃会えない親戚を訪問したりする人もいます。また、親が休めない場合は、先に書きましたようにおじいちゃん、おばあちゃんに子供を見てもらうこともあります。ここでは去年のスポーツ休暇に孫を預かったおばあちゃん(ハンドルネーム:スコーネのロッテ)のブログ記事を抄訳でご紹介して今回のレポートを終わりにしたいと思います。
 
 
今週は孫達が家に来てます。3人ともスポーツ休暇なんです。
そう、3人!(笑)ワタシもスポーツ休暇って感じね。
一日中子どもたちを追いかけ回すのは立派なスポーツだわ。
毎朝お馬さんごっこ、リビングはまるでサーカス場。
仔馬ちゃんたちには定番のビラー(訳注:昔からある車の形をしたキャンディ。写真参照。)の餌をあげちゃったりしてね。
 
0218_3.jpg
 
2歳半になる孫はあっちこっち引っ掻き回して・・・。時には皆して床で笑い転げたり・・・。
ホントにかわいい孫達。
 
お人形さん遊びしたり、キッチンでレストランごっこしたり(おかげでキッチンはひっちゃかめっちゃか)、回転椅子に乗せてフルスピードで回したり、踊ったり、映画を見たり、お茶を飲んだり、アイスクリームを食べたり、一緒に食事を作ったり・・・。
ぜ?んぶ写真にとってパパとママに送ってやったわ。そしたら「馬鹿なことやらないで」だって。それが悪けりゃここに来て一緒に子どもたちと一緒にいればいいのよ!
 
ホントにかわいいわ。孫は「人生のデザート」ね。
 
ここ数日は私も食べるものがクレイジーだわ。コーヒー、アイスクリーム、子供の好きな食べ物、キャンディー、・・・どれも体に良くはなさそうね。でも来週はまたいつもどおりの生活に戻るわ。良くも悪くも・・・。ちょっと寂しくなるわね。
 
でも今は私の「スポーツ休暇」をエンジョイしてるわ!
 
 
 
おばあちゃんの嬉しい悲鳴が聞こえてくるようです。
 

ページTOPへ