HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  活躍するシニア -海外ボランティア-

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

活躍するシニア -海外ボランティア-

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

 「海外でボランティア」というと冒険心のある若者が自分を試すためにやるといったイメージがないでしょうか?そんなことはありません。今回のレポートでは海外(スウェーデン国外)でボランティア活動をするシニア世代のスウェーデン人についてご紹介したいと思います。スウェーデンにはシニアのボランティア参加を支援してくれる団体などもあり、積極的に参加することができます。

 

海外ボランティア

NPO団体Operation Smile SverigeやVolontärresor(ボランティアトラベル)といった団体・会社は海外でのボランティア活動を支援しており、シニアのボランティア参加もサポートしているスウェーデンの組織です。シニア世代は若者に比べ、抱負な経験、忍耐強さを持っている反面、体力的な限界があるため、こういった団体はその人に合わせたプロジェクトを選ぶことを手助けしています。
 
2013.7.16-1.jpg
 
 
 
また、これらの団体はボランティアに参加する前にどの程度過酷な情況に耐えることが出来るかよく考えておく必要があると参加者にアドバイスしています。例えば発展途上国に行く場合、豆ばかりの食事、原始的なトイレ、寄宿舎生活などにどの程度耐えられるか予め考えておく必要があります。
 
多くの場合、支援団体が問題を解決するのを手伝ってくれます。例えば、ボランティア旅行会社Volontärresorではベジタリアン、糖尿病患者、耳が不自由な人のボランティア参加を手助けした実績があります。
 
このような団体の支援を受けることにより、シニア世代も海外でのボランティア参加が可能です。ボランティアに参加し、現地の人と人間関係を築くことにより人の愛情を再び感じることができます。年配の人であれば尊敬されやすいでしょうし、現地の人が喜んでくれる仕事をすれば、さらに尊敬されることになります。いい貢献ができれば人生においてすばらしい経験になるのではないでしょうか。
 
 

医療ボランティア

 
定年退職した小児科医のウルバン・ミールダールさん(70歳)は海外での医療ボランティアに従事しています。主に子供の口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ、唇の一部に裂け目が現れるなどの先天性異常)の治療を行なっています。
 
 2013.7.16-2.jpg
医療ボランティアに従事しているウルバン・ミールダールさん
 
ミールダールさんは今年の4月にはOperation Smile Sverigeの一員としてケニアに行きました。これで4回目だそうです。現地では子供を診断し、親に医学的なアドバイスをしたそうです。しかし、こういった専門分野に関することだけでなく、現地の人と直接触れ合うことによって、異なる文化に触れることができ、また、現地の政治情勢などについて学ぶことができたことも大きな収穫だったそうです。
 
他の人に必要とされていると感じることは生き甲斐になります。これはどの世代の人でもそうでしょう。ミールダールさんも子供と両親が唇の手術の後に鏡を見て喜んでいる姿を見るととても充実感を感じるそうです。そして色々な人と人間関係を築きあげる事によっても充実していると感じるそうです。
 
「私たちは若い同僚と一緒に働いていて、自分の持っている知識や家族、子供に対する大局的な見地からの物の見方などを伝えているつもりです。異なる職種の人とのコラボレーションにおいてもそうです。その道の権威からのアドバイスといったようなものではなく、自分の仕事を通して態度で見せています。そういったことが浸透していくといいですね」とミールダールさんは言っています。
 
 
 
 
 

ボランティア旅行

 
ソニア・シールヴダールさん(65歳)はVolontärresor(ボランティアトラベル)を通してコスタリカの孤児院にボランティア旅行に行った一人です。63歳で航空会社の航空券販売部署を退職していましたが、家でじっとしていることが退屈だったそうです。退職後数年間ちょっとした仕事をしたあとに突然思いついたのがボランティア旅行でした。
 
シールヴダールさん曰く、「ネットでコスタリカ行きの旅行を見つけました。2秒で行くと決めました」
 
それから娘さんに電話をして相談したそうです。娘さんはコスタリカ行きを大変喜んでくれたそうです。シールヴダールさんにとっては娘が「裏切られた」と感じていないことが重要だったそうです。シールヴダールさんはVolontärresorを通してコスタリカでの仕事と受け入れてくれるホストファミリーを見つけました。
 
 2013.7.16-3.jpg
コスタリカへのボランティア旅行に参加したソニア・シールヴダールさん
 
半年後、シールヴダールさんはコスタリカの首都サンホセにいました。そこではホストファミリーのアドリアナと二人の10代の子供が出迎えてくれました。1週間、スペイン語の授業を受けた後、シールヴダールさんは寄付金で運営されている孤児院で働き始めました。子どもたちはボランティアがやってきて帰っていくことに慣れているようで、すぐになついたそうです。シールヴダールさんは自分が本当に受け入れられていると感じたそうです。
 
ただ、そんなボランティア体験の中でいくつか理解しがたいことがあったそうです。大人が時々子供にきつく接すること、小さな子供が遊ぶ以上によくけんかすること、しかもそれが小競り合いといった程度ではないことなどです。
 
「2ヶ月行くだけで世界が変わると信じているわけではありません。そのことは行く前からわかっていました。悲しくなるようなこともありましたが、そういうことはスウェーデンでもあることだと気づかされました」とシールヴダールさんは言っています。
 
コスタリカ滞在中の彼女の取り組みは子供たちに愛情と関心を注ぐことでした。そして彼女も子どもたちから愛情を受けとったと感じたそうです。シールヴダールさんはこの他にコーヒー農場で働くチャンスも得たそうです。旅行はすばらしい体験になったようです。2ヶ月の滞在の後、スウェーデンの自分の家に帰るのはやはり嬉しかったそうで、帰国後すぐにスウェーデンでの普通の家の暮らしに戻ってしまったそうです。
 
「だからまたボランティア旅行に行きたいの」とシールヴダールさんは言っています。
 
 

まとめ

今回のレポートでは、海外で活躍するシニア世代のボランティアについてご紹介いたしました。シニア世代はとても元気です。ボランティアに参加したいと思っているシニア世代は多いはずです。その人達をサポートし、シニア世代の人が安心してボランティア参加できる機会を提供することが大事なのではないかと思います。
 

ページTOPへ