HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  デザイン性に優れたヘルプツール

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

デザイン性に優れたヘルプツール

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

 これまでのシニアレポートで何度か生活補助ツールについてお伝えいたしました。スウェーデンのヘルプツールに関して高い関心を持っていただいたようなので、今回のレポートではまたいくつかそういったツール、特にデザインに優れているヘルプツールについてお伝えいたしたいと思います。

 

おしゃれなGPS・緊急連絡ツール

 
以前のレポート(シニアのためのハイテク生活補助ツール(2)?(4))でもお伝えしましたように、GPS、アラーム機能などがついた腕時計型のヘルプツールがあります。ストックホルムに本社があるPFOテクノロジー社(PFO AB、http://www.pfoinc.com/)は同等の機能を持っているブレスレット型のものを発売しています。ひと目でアラーム装置だとわかるような腕時計型のものとは違い、一見、普通のブレスレットのように見えるお洒落なデザインになっています。
 
 Fig1-20131017.jpg
ブレスレット型GPS
 
 
また、スイスに本社があるLimmex社(https://www.limmex.com/)は簡易携帯電話機能を内蔵した時計を販売しています。本社のあるスイスの他、スウェーデンとドイツで取り扱われているものです。マイクとスピーカーが時計に内蔵されており、緊急時に通話ができるようになっています。20種類近くのデザインがあり、いずれもデザイン性の高いものになっています。
 
Fig2-20131017.jpg 
Limmex社の携帯電話機能を内蔵している腕時計
 
 

デザイン性に優れた持ちやすいグラス

 
手が不自由な人にとって、多くのガラスコップは重すぎたり、大きすぎたり、小さすぎたりします。そのため見た目があまり良くないプラスチック製のコップを使うといったことになります。スウェーデン・クリスタル・デザイン社(Swedish Crystal Design AB、http://swedencrystal.se/)が製作しているGrippシリーズのガラスコップは高齢、リウマチなどのために手が思うように動かない人のために作られたコップです。従来のコップに比べ持ちやすい形状になっており、かつ、スマートなデザインになっています。
 
 Fig3-20131017.jpg
Grippシリーズのガラスコップ
 
 

タブレットPCのようなデザインの拡大鏡

 
タブレットPCのようなデザインの倍率2倍(サイズ 270 x 195 mm)の拡大鏡です。重さ38gと非常に軽くて持ちやすくなっています。また非常に薄く、読んでいる本の間に挟むことも可能です。バッグの中に入れてスマートに持ち運ぶこともできます。
 
 
 Fig4-20131017.jpg
 

バスルーム

 
介護が必要な人のためのバスルームというと、実用性重視になり、デザインは二の次になりがちですが、実用性とデザイン性を兼ね備えたバスルームがあります。お隣、デンマークに本社があるPressalit Care社(http://www.pressalitcare.com/)はデザイン性に優れたバスルーム、キッチンを提供しています。
 
 Fig5-20131017.jpg
デザイン性に優れたバスルーム
注)日本の人にとって、バスルームにバスタブが無かったりシャワーの横にトイレが有るのは抵抗があるかも知れませんが、北欧では普通に見られるバスルームの作りです。
 
よく見られる、実用一点張りの冷たい色使いのバスルームとは違い、グリーンを使った明るい色使い、シックなタイルなどでデザイン性に優れた仕上がりになっています。もちろん実用の面でも申し分ありません。
 

まとめ

今回は「デザイン性に優れたヘルプツール」というテーマで幾つかご紹介いたしました。昔は介護・ヘルプツールというものはなかったと思います。その後、介護・ヘルプの重要性が認識されはじめ、様々なツールが生まれました。そういったツールは実用性が優先され、デザインはおろそかになりがちでした。今は実用性だけでなくデザイン性も追求した製品が求められ、また実際にそういった製品が新たに作り出されている時代といえるでしょう。
 
現在は生活するために必要なものが「ヘルプツール」として認識されていますが、今後は、生きるために必要不可欠なものではなくても、より楽しい人生を送るために必要なヘルプツールの需要が高まることが予想されます。例えば、スウェーデンでは体の不自由な人も乗れる、特別な椅子やクッションを備えた二人乗りのカヤックなどがあります。こういったヘルプツールも今後機会があればご紹介したいと思います。
 Fig6-20131017.jpg

ページTOPへ