HOME  >  スウェーデンシニアレポート  >  脳についての研究

ヨーロッパ高齢者事情研究のため、2007年2月ストックホルムシニアライフ研究所を開設しました。
現地から最新の高齢者事情をレポートします。

脳についての研究

松下泰志(Taishi Matsushita: 2012/1-), セスレ真美(Mami Sessle: 2011/11-2011/12),
ローベリ亜佐子(Asako Raberg: 2011/1-2011/10), ダールマン容子(Yoko Dahlman: 2007/2-2010/12)   

 今回のレポートでは脳の活性化に関する知見(特に高齢者向け)についてご報告しようと思います。各界の権威の方々のコメント、最新の調査・研究結果をご紹介します。

 

ゴットフリース スウェーデン・ヨーテボリ大学名誉教授

 
皆さんご存知のように現代はストレス社会と言ってよいでしょう。それはスウェーデンも日本も変わらないと思います。ストレスを減らすには楽しんで脳と体に刺激を与えることが良いとされています。定年を迎えて会社勤めなどの仕事がなくなればストレスも減るはずと思われがちですが、現実はそれほど甘くありません。新しい生活が原因で以前にもましてストレスを受けることさえあります。
 
また、研究結果から高齢者のほうが、若い人に比べてストレスを受けた際、そのストレスを除くまでに時間がかかることもわかっています。また、夜ぐっすり眠れないということにもなります。ストレスは不眠症、鬱、記憶力の低下を招き、そして最悪の場合認知症にまで発展します。
 
スウェーデン・ヨーテボリ大学のゴットフリース名誉教授は長期のストレスは脳の老化を早めるといっています。逆に言えばストレスを減らせば脳の老化を遅らせることができます。それには脳のトレーニングをするのがよく、その方法はたくさんあるそうです。常に脳を使って、メンタル・運動両方の面から脳を鍛えることが重要だとゴットフリース名誉教授は言っています。メンタル面でのトレーニングは、記憶のトレーニング、クロスワード、数独などのパズルあるいは何か新しいことを学ぶと良いと言っています。
 
 
ゴットフリース ヨーテボリ大学名誉教授
(写真:ゴットフリース氏が現在開設しているクリニックのホームページより)
 
0711.jpg

レヴィ スウェーデン・カロリンスカ研究所名誉教授

 
ストックホルムにあるカロリンスカ研究所などで研究を行ってきたストレスの権威であるレヴィ名誉教授は、脳に刺激を与えないのは良くないと言っています。そして適度な刺激を与えることが重要であると言っています。
 
定年退職し、子供たちも独立すると退屈になるかもしれません。そんなときは何かをして、脳に適度な刺激を与えることが重要。孫の面倒を見る、ボランティア活動をする、誰かの相談相手になるなどなんでもよいそうです。とにかく、充実した生活を送ることが重要だそうです。
 
皆さん定年後、これからの人生何がやりたいのかを具体的に考えることがあまりないそうです。そいう状態はよくなく、
 
- 何かできる仕事はないか
- ボランティアでやるかお金をもらってやるか
- 障害になるものは何か
 
などなど自問自答することが大事だと言っています。そして、受身ではなく、積極的に社会参加することが大事だと言っています。
 
 
レヴィ カロリンスカ研究所名誉教授
(写真:レヴィ氏の個人ホームページより)
 
 
 
 0711_2.jpg
 
 
 

ニルソン スウェーデン・ストックホルム大学教授

 
1988年からランダムに選んだスウェーデン人4200人を対象に健康的な老化と記憶について調査・研究をしているストックホルム大学のニルソン教授。教授はこの調査のなかの一つである歯の健康状態と健康的な老化(記憶力)の関係に注目しています。最初は経済的な問題との関連(経済的な余裕がないと頻繁に歯医者に行くことができない)だと思っていたそうですが、教授はネズミを使った日本人グループの研究結果に注目し、1.歯が抜けるたびに脳にダメージが与えられ、記憶力が低下する。2.歯が抜けると咀嚼が良くなくなるので、記憶力が低下する、という二つの仮説を立てました。まだどちらが正解かわかっていないそうですが、教授は二つ目だろうと言っています。そして、チューインガムを噛むことは高齢者にとって記憶力向上につながると言っています。
 
また、運動と記憶力についての調査・研究も行われていますが、ニルソン教授によると確かに運動することで記憶力の向上するが、言われているほどでもないそうです。調査対象の中にはスウェーデンのトップアスリートもいますが、記憶力が突出しているというわけではないようです。人によってその量は違うが、適度な運動量というものがあり、運動すればするほどよいというものではないとのことです。
 
また、認知症について、エピソード記憶が良くなければ、将来認知症になる可能性が高いといっています。自身69歳になるニルソン教授の今後の挑戦は認知症の超早期発見と記憶のメカニズムの解明だそうです。
 0711_3.jpg
ラーシュ・ヨーラン・ニルソン教授
(写真:ストックホルム大学ホームページより)
 
 

朗報?

スウェーデンの脳に関する権威三人にご登場頂きましたが、脳の老化を防ぐための一般論とも言えます。しかし、さきごろこれまでの通説を覆すような結果を発表した研究グループがあります。ドイツの研究グループですが、歳をとるほど認知能力・考えるスピードが速くなるというものです。これまでの研究は調査方法に問題があり、実際は脳内のそれまでに蓄積されてきた膨大な情報量に邪魔されているだけで、処理速度自体は遅くない。むしろ、若い人よりも早いかもというものです。まだ、一般的には受け入れられていないかも知れませんがいろいろと期待を持ちたくなるような研究結果です。
 
 0711_4.jpg
ドイツの研究グループの論文の冒頭部(Topic in Cognitive Science誌より)
 
 
またこれとは別に、カロリンスカ研究所で神経科学の学位をとり、現在はキャリアアップを目指す人、人生プランを立てたい人のコーチングをしているパリサ・ザーネガー博士は、
 
「脳は体と同じで年をとれば年をとるほど活動的ではなくなるのは事実です。しかしキャパシティーは80歳、90歳になっても十分にある」
 
と言っています。
 
厭世的な考え方の人でも楽天的になれるでしょうかという質問に対し、博士は訓練を積み重ねることで可能であると言っています。そして脳をできるだけ活動的にするためにはネガティブな考え方をやめ、ポジティブに考えることを学ぶことが重要だと言っています。
 
 

脳トレソフト

最後に脳をトレーニングするためのソフトをちょっとご紹介したいと思います。このようなソフトは日本にも数多くあると思いますが、お隣デンマークで開発された脳をトレーニングするためのソフトをご紹介したいと思います。コペンハーゲン大学などとの共同研究で開発された「Brain+」というソフトです。このソフトはスマートフォン(iPhone)でプレイすることができるもので、スウェーデンの高齢者協会でも紹介されました。
 
このソフトの中には3つのゲームがあり、一つ目の「船長の挑戦」というゲームでは記憶力を駆使して、ランダムに設定されたルートを通るよう船をナビゲートするゲームです。このゲームを通して、読書をしたり、会話をしているときの短期記憶が向上するとされています。また、特定のタスクに対する集中力も上がるとしています。
 
2つ目のゲーム「リメンバー・ミー」ではゲーム中に登場する人物に関する情報(たとえば名前、年齢、国籍など)を覚えるというものです。このゲームを通して、新しい情報を記憶する能力が向上します。また、長期記憶も向上します。
 
3つ目のゲーム「フレッシュ・フロッグ」は最短距離で蛙を目的地に移動させるというもの。このゲームで、事前に計画を立てる能力、結果を予測する能力を向上させることができます。
 
 0711_5.jpg
ゲームの画面より
 
 

まとめ

今回のレポートでは、脳に関する研究結果についてお伝えしました。脳の老化対策の一般論的な話しであっても、それを実行することが大事かと思います。また、脳の老化を心配している人に取って嬉しい研究結果もありました。歳だからとあきらめずに日々トレーニングを積んで、アクティブなシニア生活を送りたいものです。
 

ページTOPへ