三富 順平(BS)

2010年入社

ビューティーサロン事業部 部長

(中央大学 総合政策学部 卒業)

  • ディチャームを選んだ理由

    私は大きく3点の切り口で会社選びをしておりました。

    1点目は「なんでもやれ、成長できる環境がある会社」という点です。
    「成長できるかどうか自分次第!環境ではない」というのはごもっともですが、
    一方で「どこまで若いうちから任せてくれるか?チャレンジできるか?」は会社の環境によって左右されると思います。

    年功序列の会社では若いうちにやれることの制限がありますし、大手であれば、
    1つの部署に数年いなければなりません。ただ、ディチャームのような成長過程にあるベンチャーでは、
    本当に部署・年齢関係せずに、自分にやる気と力があれば、なんでもやらせていただける環境がありそうでした。
    (若い先輩社員が面接を担当し、また、ある程度の役職にも若い社員が抜擢されていたので!)

    2点目は「社会に1つの会社」という点です。
    上記の通り、あまり大手の風土になじまさそうな私ですが、一方で大手のビジネスモデルを小さくしただけの中小企業にいきたくありませんでした。
    そうなるとどうしても大手のあとを追いかけるばかりになりますので・・・
    そこでビジネスモデルが社会で唯一!という会社に入りたいと考えており、
    ディチャーム独自のビジネスモデルに魅力を感じました。

    3点目は社会問題をビジネスモデルで解決していく、という点です。

    環境、少子化、高齢化、介護等たくさんの社会問題があるかと思いますが、そういった問題をビジネスで安定的に取り組む会社を探していました。

    そこで出会った企業がディチャームで、
    外出が出来ないシニアに関わる問題をビジネスで解決していく!という姿勢に共感し入社を決めました。

  • 仕事のやりがい

    現在は、ビューティーサロン事業部という部門で、
    訪問美容事業を作っていっております。

    やりがいは、
    いままでにないもの、なかったものをどれだけ作れるか?
    かつ、それがどれだけみなさまに喜んでいただけるか?
    という所が一番大きいです。

    「外出できないシニアに美容サービスを通じていきいきと尊厳ある人生を送っていただく」というコンセプトをもとに、事業を構築していますが、
    ①シニアの方にどれだけ喜んでいただけるか? 
    ②美容サービス提供に絶対必要な美容師がどれだけやりがいをもって働いていただけるか?  
    という二点を常に考え、①であれば、現場にいき新しいサービスやイベントを考え実行しお客様に喜んでいただけたり、
    ②であれば、そもそもの評価制度等を変更し、美容師がより働きやすく、かつ、働きがいのある仕事をつくることがとてもやりがいに感じます。

    またよくもわるくもまだまだ「会社」として整っていない部分が多く、
    自分の意志次第でなんでも出来る環境があります。

    それにいままさに社会で問題になっている「超高齢社会」の最先端の状況がわかり、
    社会問題にも取り組めます。

    ■自分たちの手で会社を創っていきたい方
    ■どうせ働くなら、いきいきと働きたい方
    ■仕事を通じて社会問題を解決したい方   にはもってこいの会社です!

ページトップへ

八島 健世

2009年入社

コンサルティング営業部 部長

(大東文化大学 国際関係学部 卒業)

  • ディチャームを選んだ理由

    シニアマーケットの将来性と優位性です。
    2008年9月、当時身を置いていた金融業界にリーマンショックという激震が走りました。過去を振り返ると、ブラックマンデー・世界恐慌・バブル崩壊と様々な出来事がありましたが、リーマンショックに関しては内容を紐解いていくに従って、金融マーケット自体の回復にかなりの時間を要すであろうと感じ金融業界からの撤退を決意しました。そして、その時の転職活動の中で、シニアマーケットの将来性と優位性は群を抜いていると感じていました。まだまだブルーオーシャンであるシニアマーケットは、組織や個人の営業力があれば、自らの手でマーケットを広げていくことが可能であると考え、企業ビジョンの『シニアと社会をつなぐライフライン』の達成に多少なりとも力添えできるのではないかと感じた点が、志望動機としてはとても大きかったです。
    また、今後の日本だけでなく、世界でも大きな社会問題になるであろう高齢化という大きな壁への挑戦という部分に対しても自分自身の心が高ぶりました。

  • 仕事内容

    私はコンサルティング営業部で、エリア営業とは異なり、本社からアプローチをする法人への営業手法をとっています。
    イメージで言いますと、エリア営業は陸軍、法人営業は空軍というところでしょうか。
    法人営業の一番の醍醐味は、ダイナミズムであることかと思います。仕事の中でも、『シニアと社会をつなぐライフライン』をいち早く達成すべく、法人営業だからこそ見れる業界全体の流れの情報収集を行い、会社の成長をより加速させられるよう意識しています。
    詳細の仕事内容としては大きく3点あります。
    ・オフェンス⇒マーケットシェア拡大(クライアントの獲得)
    ・ディフェンス⇒既存法人へのサービス強化とフォロー
    ・地方展開⇒全国展開を進める中で、安定した仕事確保の為のクライアントとの商談や、競合情報の確保
    こういった仕事を通して常に、ディチャームのサービスを提供し続け、お客様に喜んでいただけるように、フロントで日々奮闘しています。

  • 仕事のやりがい

    年齢に関係なく、適材適所で仕事を任せてもらえるという部分に非常にやりがいを感じています。
    現在の法人営業部に関しては、入社3年目で立ち上げさせていただき、とても大きなプレッシャーを感じてはおりますが、会社の売り上げを作る最前線ですので、プレッシャー以上の達成感を日々感じながら仕事に励んでいます。
    また、個人目標でもある『自分の名前の由来を体現する』という方向性とディチャームの企業ビジョンが似ている点も大きいですね。今後の困っているシニアは日本だけにとどまらず、世界中にいらっしゃると思います。
    自分の「健世」という名前に込められた『健康で世界を駆け巡る男になってほしい』という親の期待も、唯一できる親孝行かと感じ、少しでも近づけるように日々精進しています。

ページトップへ