デフォルトコラム画像
介護施設
訪問解除
介護施設の訪問解禁にむけて

スウェーデン在住の松下です。日中の明るい時間が段々短くなり、木々が次々と紅葉し始め、秋の深まりが感じられるストックホルムです。さて今回は、介護施設の訪問制限の解除に関する政府報道を紹介するとともに、訪問解除を控え、介護施設に住むお年寄りの家族や、施設側の声を紹介したいと思います。

 

915日、厚生大臣のレナ・ハーレングレン厚生大臣が公衆衛生庁のヨハン・カールソン長官らとともに、101日からスウェーデン全国の介護施設への訪問禁止を解除することを発表しました。介護施設への訪問禁止は、20203月以来、公衆衛生庁と政府の一般的な勧告として始まり、 41日より全国的な拘束命令として発効しました。この訪問禁止の期間はその後2回延長され、930日までの適用となりました。この措置は、社会における感染症による集中治療の必要な患者数と死亡者が減少したこと(*)、各介護施設が、政府や公衆衛生庁の勧告を受けて、業務や衛生ルーティンの改善を行い、それらが定着してきたことから判断されたものです。

 

介護施設への訪問の全国的な禁止は、コロナウイルス感染症のパンデミックの間、多くの高齢者とその親族にとって最も厳しい制限の1つで、厳しい決断でした。同時に、介護施設への訪問禁止措置を導入することは正しかったと評価しています。とレナ・ハーレングレン大臣は述べました。

 

2020年6月、健康管理検査庁(IVO)は、スウェーデン国内の1,700戸の高齢者向け介護施設の調査を行いました。調査によると、40の自治体の介護施設で、感染症対策が適切に行われず調査期間の死亡者数の70パーセントがコロナウイルスに感染していたとのことです。

政府委員会は、訪問禁止措置の解除後の介護施設で適応される指針を検討しています。この指針には公衆衛生庁と感染管理医からの推奨に従い、介護施設でどのように介護業務を行うか、介護施設の長の責任についての規定が含まれています。

 

公衆衛生庁は、介護施設居住者と訪問者の両者の安全のため、訪問に関する方針および衛生に関する推奨事項を発表しました。公衆衛生省は、感染拡大を防ぐため、引き続き個人レベルでの継続的な責任のある行動を求めており、介護施設では、訪問者を受け入れるための各施設に適応した指針を作成する責任が課されます。

 

高齢者介護に携わる准看護師や介護士からなる組合コミュナルは、介護施設の訪問解除がどのように行われるのか、明らかな方針が示されることを要求しています。ある組合員は「お年寄りが再び家族と再会できることに、大きな利点があると想像できるが、例えば、文字通り、施設の入り口の鍵を開けて、訪問者全員を受け入れることになるのか、それとも、細心の注意を払って、訪問者一人一人を中に入れるのかなど、不明確な部分は多い」と言います。また、そのような措置をとる場合、人員確保が問題になるとも想像できます。訪問禁止期間は、例えばバルコニー越しの対面や、庭での対面など、様々な工夫がされてきました。施設によって、様々な要素(例えば人的、経済的条件)が異なるため、単純に今回の訪問解除が一律に進むとは考えられていません。

 

地域新聞であるDanderydDirektでインタビューを受けた女性には、介護施設に住む90歳になる父親がいます。彼女は訪問禁止が始まってから、毎週、施設のバルコニー越しに父親に会ってきたと言います。耳が悪い父親のためにホワイトボードを使って対話していたそうです。訪問禁止が解除されることを受け、彼女は父親とより近く接することができるのを楽しみにしていますが、感染防止のため、また感染の不安から、抱き合って喜びあうことはできないだろうと考えています。

 

感染症がもたらした色々な制限は、人と人との交流やふれあいの大切さをより思い起こさせた気がします。公衆衛生庁は、感染拡大防止のため、国民に個々の責任ある行動を連日呼びかけおり、今回の訪問禁止解除措置は、感染リスクグループに入るお年寄りの安全を考慮しながら、家族を含めたお年寄りの精神なケアを目的とした、実験的ではあるものの、前向きな対策だと筆者は受け止めています。介護施設のこれからの状況が注目されます。

*集中治療の必要な患者数は61日現在スウェーデン全国で20名に対し、930日現在で2名。1日あたりの死亡者数が61日現在39名に対し930日現在2名。

 


写真:秋の深まりが感じられるストックホルム

        

      

■ディチャームの取り組み

「当社における新型コロナウイルス感染症対策につきまして」

              

                       

参考

Regeringskansliet. (2020). Besöksförbudet på äldreboenden upphör 1 October. Published 15 september 2020. From https://www.regeringen.se/artiklar/2020/09/besoksforbudet-pa-aldreboenden-upphor-1-oktober/

Regeringskansliet. (2020). Granskning av äldreboenden presenterad. Published 7 July 2020. From https://www.regeringen.se/artiklar/2020/07/granskning-av-aldreboenden-presenterad/

DanderydDirekt. (2020). Så tycker facket om hävda besöksstoppet. Nummr 39, 26 September 2020.